内側からキレイになる

加齢によるお肌のトラブルには様々なものがあります

女性の加齢によるお肌のトラブルはすでに20代から始まっているといわれています。

20代の頃にはお肌に直接のトラブルとして表れていなかったものの、
30代を迎える頃から徐々に気になるようになります。

シミやそばかす、目もとの小じわや顔のたるみなど、
加齢によるお肌のトラブルは尽きません。

このような加齢によるお肌のトラブルは放置しているとさらに悪化していく一方です。

早めにアンチエイジング対策を行う必要があります。

加齢によるお肌のトラブルのいろいろ

皮膚には本来保湿性が備わっていますが、
年齢を重ねるうちにお肌の新陳代謝が正常なパターンで行われないようになり、

このため本来であれば剥がれ落ちていくべき老廃物が
そのままお肌の上に留まってしまい、
くすみやしみとして表れてしまいます。
また皮膚細胞の保湿力が低下することにより、
お肌が瑞々しく潤いを失い、かさかさと乾いてしまうことにも。

ハリを無くしたお肌はさらにしわやたるみといった現象も
生み出してしまいます。

お肌の新陳代謝のサイクルが狂ってしまうと、
コラーゲン生成力も弱まります。

コラーゲンを生成する力が弱まることにより、
お肌は弾力性を失い、実際の年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。

適切にアンチエイジング対策を行わなければ、
お肌年齢はどんどん進んでいってしまいます。

コラーゲン生成の減少だけが原因ではありません。

紫外線によるダメージもまたお肌の衰えの大きな原因のひとつです。

加齢対策として効果的な方法とは

加齢によるお肌の老化を防ぐためには、
適切なスキンケアを行う必要があります。

コラーゲンやビタミンCなどが配合された
スキンケア製品を使うことも効果的ですが、
これだけでは加齢対策は十分ではありません。

お肌を瑞々しい状態に保つには、
食事により内側からヘルシーに皮膚を整えることも重要です。

美容効果のあるといわれている栄養素は、
まずβカロチンです。
美容に良いといわれる栄養素は抗酸化作用のあるものでなけれぱなりませんが、
βカロチンには活性酸素の働きを抑制する作用があります。

食事として摂取されたβカロチンは、
そのまま体の中でビタミンAに変換されることが知られています。

他に美容に有効なのはビタミンA、お肌のトラブル全般に効果的です。

ビタミン類はビタミンAだけでなく、
お馴染みのビタミンC、ビタミンEなど複合的に摂取するとさらに効果がアップします。

アンチエイジング対策として
有効なビタミンE、またビタミンCはコラーゲンが生成させるのを促進させる力があります。

このようにお肌のトラブルには種々のビタミンを摂取しなければなりませんが、
毎日の食事にこれらの栄養素を必ず取りいれるのは考える以上に難しいものです。

これらのビタミン類を多く含んだ食材の一つに明日葉があります。

明日葉は栄養価の高い理想的な健康食材、
出来れば毎日の食事に明日葉を使ってメニューを取りいれるようにしたいものです。

ただ明日葉を使ったメニューというのは限定されてしまいがちです。

このような場合に便利なのが明日葉が含まれている青汁、
青汁ならば毎日手軽にビタミン類を補給することが出来ますので、 忙しい方にも最適です。

加齢によるお肌のトラブルの改善にも期待できますね。

今、注目されている腸内フローラ。

内側からキレイになるためにはとてもおおきな役割をするのが腸内環境です。

この腸内環境を整えるのに善玉菌を増やしましょう。
ヨーグルトなども乳酸菌を摂取するのが良いですが、
毎日継続するのはは大変なので気軽に摂取できる乳酸菌サプリもおすすめです。

Leave a Comment