オリーブオイルを使った健康法

私の実家では、食用油としてオリーブオイルを使っています。普通の菜種から作られる油だと、やはり胃や腸にもたれるというか、いい影響を与えないと重い、オリーブオイルに切り替えたのです。

私も私の両親も、胃腸が弱く、私も幼い頃は、よく下痢をしていました。過敏性大腸炎を患っていたこともあって、特に食生活では肉中心ではなく、野菜中心のものに変えて、繊維質をたくさん摂取することを心がけています。
それに加えて、胃腸に優しいとされるオリーブオイルに切り替えることで、胃腸の負担を減らすことを心がけています。
オリーブオイルは、食材を炒めたり焼いたりする時に使います。それからワインビネガーなどと混ぜて、サラダのドレッシングにして摂取することも多いです。
オリーブオイルを常用することで、やはり胃や腸の状態が良くなりました。特に排便の時なんかは、スムーズに健康的な便が朝のきちんと決まった時間に定期的に出るようになりました。
それから、栄養の吸収率が良くなったのです。野菜なんかに含まれる微量のミネラルやビタミンを効率よく吸収することができるようになったので、体の免疫や抵抗力が上がり、風邪を引きにくくなりました。
そして疲労回復も早くなりました。以前なら疲れが残って抜けなかったこともあったのですが、今では一日寝れば解消されることも多いです。
睡眠も十分取れるようになり、早寝早起きの日々が続いています。
オリーブオイルの効果は、凄いものがありますね。

Leave a Comment